Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石油化学工業は現代生活において欠かせない構成要素であり、この商品の取引は今日まさにグローバルかつ非常に複雑になっています。

商品は世界各地を大量に行き交っており、わずか数年前には想像もできなかった目的地の間でも行き交っています。

石油化学製品の品質管理は生産者、貿易業者および販売業者にとって欠かせません。 SGSでは、石油化学製品に対して国内外、貿易または企業独自の基準で仕様試験を実施しています。

弊社の石油化学試験サービス

弊社のラボネットワークではすべての試験を提供しますが、そこにはGC、HPLC、そして必要な場合には先進のGC-MS技術による定期的な純度確定が含まれます。 弊社はまた、蒸留、密度、酸性および色といった基本的な物理的パラメータに関する、従来型の特定も実施します。 弊社のグローバルなラボネットワークは、関心を持つ利害関係者すべてに対して良質のリスク管理施設を提供するために存在しています。
 
必要に応じて、弊社は石油化学製品に対する分析を実施します。 弊社ラボは、以下の場所の石油化学サンプルを分析します:

  • 精製所
  • 保存施設
  • 保存タンク
  • ドラムやISOタンクなど、小規模保存形態

なぜSGS か

SGSは、石油化学製品すべての試験および検査サービスにおける最初の連絡先です。

高度なトレーニングを受けた弊社の分析者が、最先端の技術を備えた近代的ラボで業務を行っています。 弊社のラボ施設の多くはISO 17025認証を得ており、最高の試験基準まで分析試験を弊社が保証可能です。 SGSは、社内および第三者ラウンドロビン試験プログラムへの参加に加え、内部監査、独立監査、厳しいトレーニングおよび能力遵守基準により、ラボの品質の維持および熟練度の監視に努めています。

弊社はさまざまな業界団体、グループおよび組織の正会員であり、この中にはASTM、ISO、CEN、EI (エネルギー学会、以前の英国石油学会) およびIFIAが含まれます。

石油・ガスおよび化学製品貨物に対する弊社の通商数量・品質サーベイは常に、API、MPMS、ASTM、UOP、GOST、ENまたはIP試験手法、およびISO、CENおよび地方や各国の基準団体が設定した仕様という、受容されている石油および石油化学の主要な基準を基盤として実践されています。

弊社はまた、カスタマイズされた分析手法および、必要な場合には顧客が提供する手法も使用することができます。 適切な場合は、特定の取引の中で合理的なリスク管理を確保する手段として、使用や引用すべき基準の選択で利害関係者の支援もできます。 弊社の技術サポートチームは、基準や作業慣行、それに使用中の技術に関して、専門的助言および支援を提供できます。

SGSの石油化学試験サービスについて詳細をご覧ください。