Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石油とガスのサプライ・チェーンで業務を行う組織は ISO/TS 29001品質管理システム基準を達成する必要があります。 安全性が重要な工業では、 ISO/TS 29001認証による御社の製品とサービスの品質の独立検証はクライアントと利害関係者ともに御社の品質への取組を示します。

ISO/TS 29001規格は国際的に認められているISO 9001品質管理システム規格の拡張版です。 これには欠陥回避及びサービス・プロバイダーによる偏差と廃棄物の削減を強調する追加的要件が含まれています。 ISO/TS 29001規格はISOと世界の石油・ガス工業との提携による直接的な成果として開発されました。

SGSの石油・ガス工業専門家の支援により、御社は ISO/TS 29001認証申請が可能になります。 この規格について最初の認証として御社組織を監査いたしますが、御社にすでにISO9001認証がある場合は、品質管理認証のグレードアップのために関連監査を編成いたします。

ISO/TS 29001をSGSにより実装すると御社の品質への取組がますます明示的になります。 それは御社のシステムとプロセスをカバーし、御社が社員と公共を配慮することを示します。

ISO/TS 29001認証はISO9001認証と並行的に御社組織に付与されることができます。

SGSにご連絡の上ISO/TS 29001規格に対する品質管理システムの独立査定を行わせてください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。