Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのケースドホールサービス - 掘削から廃坑まで貴社の坑井の生産性を向上させます。

坑井は生産性維持のために、その耐用年数にわたりメンテナンスと観測を受けなければなりません。SGSのケースドホールサービスは、貴社による必須メンテナンス作業の実施、決定的に重要な経営陣の判断に必要なデータの取得を可能にします。

SGSの独立移送ワイヤラインサービスは、利便性と費用効率の高い柔軟なサービスです。これらのサービスは、完成から生産、閉鎖に至る坑井の耐用年数の全体をカバーしています。

SGSは、不可欠な坑井介入作業の施工に適した機械的スリックラインサービスデータ収集とその他必須作業用の先進技術を利用した電気ワイヤラインサービスを提供しています。弊社は単一目的のユニットに加えて、柔軟性の向上と二酸化炭素排出量の削減のために二重目的のスリックライン/電気ワイヤラインコンボユニットを提供しています。

遠く離れた過酷な環境における操業経験を持ち、幅広いサプライヤのネットワークを利用できるSGSは、貴社固有の要求事項に合わせて装置を調整し、最も効率的なソリューションを提供できます。SGSは、貴社のプロジェクトと貴社の優先事項に合わせた自社およびサードパーティの各サービスを提供しています。

SGSはオンショアに関する20年以上の経験を持ち、オーストラリア、アジア太平洋地域における石油・ガス産業にケースドホールサービスを提供しており、現在7カ国で操業しています。SGSは、坑井の完成から保全、生産、調整、閉鎖に至るまで貴社を支援できます。

SGSは石油・ガス産業のグローバルリーダーとして、貴社の坑井を可能な限り生産的にする上で役立つリソースと専門知識を持っています。

SGSのケーストホールサービスの詳細について知るには、今すぐ弊社までお問い合わせください。