Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石油やガスの生産者が共有生産または輸送施設を使用する際共有施設への入場者の間に純炭化水素量を割当てる必要性が存在します。

SGSは状態計算埋め込み方程式、感度分析、損失露出及び統計分析パッケージを提供する配分システム開発の最前線に立っています。 この配分は同意に基づく配分手順に従って行われ、共用施設に追加される炭化水素(プラス水その他の汚染物質)の品質と数量に基づいています。 報告された炭化水素の数量はロイヤルティー支払い、支払税額の計算や異なるフィールドからの生産性決定のために使用されることができます。 このことはよく配分測定と呼ばれ、動的測定を使用して実施されます。

包括的サービス範囲

SGSは次の主な内容からなる包括的な炭化水素配分サービスカバレッジを提供します:

  • 契約交渉
  • 配分モデリング
  • 露出分析
  • サードパーティーとの関係樹立

弊社の顧客データが精確で、適時に報告され、独立サードパーティーによる認証を受けることを確実に致します。 さらに、SGSなれあ全ての測定と収入課題が専門的に完了されることを御社の提携先と規制当局ともに保証します。

商契約上の所有者移行のための検量のためでも、割り当て測定のためでも、検量装置は、プロジェクトのキャッシュレジスターであると見な すべきであり、測定が不正確な場合、過小な場合も過大な場合も、運営業者にとって大きな損失または責任問題となります。 弊社に連絡して、SGSの炭化水素配分サービスの詳細をお尋ねください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。