Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS は受入試験サービスを会計システムまたは配分計測システムがサービス開始前に機能設計仕様に合格することを確実にするために行います。

この試験は以下のいずれかの形態により行うことができます:

  • 製造拠点で (工場検収試験)
  • 現場で設備立上げ完了したとき (サイトの受入試験)

受入試験を行う利点

受入試験は計測システムサービスの開始前に貴社のクライアントの要件 と計測システム自体の間の格差を識別することを可能にします。 この段階で格差を識別しておけば、システム稼動後よりもコストをより低く停止時間もより短く行うことができます。

新規 システムが設計及び機能性に関して全ての点で要求基準に合格することを確実にするため、既存の受入試験 手順の見直しまたは新規プロジェクト固有の工場とサイト受入試験プロセスの開発も可能です。

なぜSGS か

SGS では規制当局かれあは完全性と高度な専門性に対して長年の定評を確立していることに誇りを抱いています。 また、当社は設備メーカーまたは代理店契約等から完全に独立していることでもよく知られています。 受入試験を北米、 欧州、中東、東南アジアで実施することができる有資格の経験豊かな人員からなるチームにより、どこでも中立的な専門的アドバイスを行うことができます。

SGS が会計システムと分配計器システムに関する 受入試験のサポートのための理想的なパートナーとして持つ利点についてさらにお問い合わせください。