Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

相挙動(PVT)分析は、最早期に収集した代表的液体試料に対して実施する必要があります。通常は最初の探査井戸の掘削で行い、貯留層でフル生産を行う前に実施します。 この高度に専門化された分析形態で貯留層エンジニアリング目的の結果が得られ、また処理および施設の設計および最適化が支援されます。 SGSは、貴社のニーズに合わせて、包括的な標準およびカスタマイズされたPVT試験サービスのセットを提供します。

PVT調査は、ガス凝縮液、黒油、および臨界流体を含む、あらゆる種類の貯留層液体に実施できます。 代表試料を実際の貯留層の圧力および温度で検査し、寿命を通じて圧力が減少する際の貯留層の相挙動および成分変化を判断します。 

ルーチンPVT調査は、通常次の試験所試験をカバーします。

  • 提出されたダウンホールまたは地表資料の徹底的な有効性評価
  • PVT調査に最も適した試料の選択
  • 貯留層液体の組成
  • 物理的再構成(分離器試料の場合)
  • 一定組成拡大(CCE)
  • 差分解放(DL)
  • 粘性
  • 分離器試験

なぜSGS か

SGSはタンク内液体試料圧力-体積-温度 (PVT)分析を定置ラボで実施しますが、これには工業界で現在利用できる最先端設備と技術を使用しています。 弊社試験所はすべて、高度なトレーニングを受けた経験豊富な人員が、厳しい安全性および品質管理指針の下で運営しています。 弊社は、ルーチンおよび高度なPVT分析だけでなく、その他のすべての関連する分析要件もカバーします。
SGSのPVT試験サービスについて詳細をご覧ください。