Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

流量確保分野は広範囲の分析方法を含めるようにすぐに拡大できます。 SGSは水和物形成、化学阻害因子、沈殿固形物特性評価の理解を支援するために高度な試験と専門家知識を提供します。

SGSは化学品比較、設計基準設定、堆積物のソースとメカニズムの検索における専門知識を活かして御社が石油・ガスの流れの中で連続的かつ最適な生産性を維持できるようにすることができます。

流量確保試験

SGSは多種の学際的な流量確保試験において専門的分析と解釈を行っています。 弊社は下記のような最先端装置を使用しています:

  • ワックス沈殿セル
  • 光分散型オンセット デテクター
  • 水和物画像処理セル
  • 加圧レオメータ
  • クロスポーラー顕微鏡
  • 差分スキャン法熱量計
  • 固形物の試験と水質分析用補助装置設備

SGSの流量確保技術者と方法は定置ラボ試験施設内でもFluidPro PAL™モバイル ラボ さーサービスによってもご利用になれます。

流量確保試験プログラムの主な内容:

  • 生きているオイルと死んだオイルともに対象とするワックス外観温度(WAT)
  • アスファルテン溶解性境界(アスファルテン オンセット計測)
  • 水和物の結合または分解境界
  • スケール溶解性境界及びスケール沈殿物の分析
  • 潜在的な有機固形物のスクリーニング試験
  • 高度水質試験
  • 専門家と経験豊かな職員がソリューションの発見を支援します

SGS代理店までご連絡のうえ分析ニーズをご相談ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。