Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ガス/オイル比、減量、成分データは全て御社の井戸またはタンクに関する重要な情報を提供してくれます。

オンサイトで必要な時にこの情報を利用できれば御社の業務が支援され、時間と経費を節約できます。 SGSは独自のSGS GC-GOR™ 技術とアジレント社ガスクロマトグラフィー7890システムを使用してフィールド ベースでの成分分析を実施しています。 この革新的システムは遠隔フィールドにおける広範な気体と液体の分析用に設計されています。 この技術を使用して極微量試料に対して複数のフラッシュ計測に基づく信頼性の高い成分分析を行います。 SGS GC-GOR™ システムはフィールドのみでまたは SGS FluidPro PAL™ モバイル ラボの一部として使用することができます。

SGS GC-GOR™ システムの利点

SGS GC-GOR™ システムは遠隔フィールドでの高品質ラボ分析データを提供可能な機能を多く搭載しています。 電子温度制御、複数フラッシュとサンプル計測は必要な微量サンプルとともに、手動で簡単に操作できるプロセスを使用して再現性のある精確な結果を可能にしています。 このシステムによりオンサイト方法を使用して炭化水素在庫を削減することができ、こうしてサンプル輸送コストの最小化、結果を最適な報告納期で出力できます。

GC-GOR™ の機能

  • ガス/オイル比 (GOR)
  • ガス/水比 (GWR)
  • 濃縮物/ガス比 (CGR) の計測
  • 本番サンプルの密度に関するオイルまたは塩水の縮小比率
  • フルタンク液体成分分析
  • オイル ベースの泥 (OBM) 汚染試料負荷仕様
  • サンプル量要件: 10 ml

適用範囲

  • PVT調査
  • セパレーターの最適化
  • 生産配分
  • パイプラインのサンプル

GCによるガス組成

  • ガス クロマトグラフィーによるC14での拡張ガス組成分析 (GPA 2286)
  • 二次天然ガス分析による精度向上(GPA 2261)
  • N2, O2, CO2, H2S, He, Ar の計量化

GCによる黒オイル、揮発油及び濃縮液体の特性同定

  • キャピラリー クロマトグラフィーによるC36+でのオイルnパラフィン分布分析 (GPA 2186)
  • スキミングと減量によるOBM汚染分析

平行してSGSが実施できるサービス

  • 凝固点降下による分子量
  • 複数温度での密度/粘性分析(ASTM D 7042)
  • カール・フィッシャー水分分析(ASTM D 4928)
  • ガス中ラドン
  • ガス中水銀(ASTM D 6350)
  • カスタム化可能ドレーガー ガス分析キット
  • カスタム化可能 HACH 水質分析キット

SGS GC-GOR™ システムが最先端のPVT試験機能、セパレーターの最適化、生産配分をオンサイトでもオンデマンドでもご提供できる内容をご説明しますので、今すぐご連絡ください。