Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

地球物理学的、地震データ解析は炭化水素全体の分布研究の一環として実施され、この際地球物理(地震、重力測定、磁力測定)、と貯留層物性が完全に統合化されます。

SGSは地球物理技術とスキルの全体をカバーしフィールド ライフサイクル全期に渡る実績があります。

グリーン フィールド分析から埋蔵量特定まで全てのプロジェクトにおいて支援できます。 炭化水素競技定義と盆地の潜在性査定を行い、戦略国への進出と国境での認可全体の用途において支援致します。

見込みのある場所の識別、評価、フィールド開発

見込みのある場所の識別と複数の地震属性分析、強度対オフセット分析及び逆行分析は容積測定範囲の特定とこれによるプロジェクト リスクの削減のために使用可能です。 SGSなら地震データの逆行容量データを提供でき、プレスタックの深さ移行を実施できます。 実施される地震データ評価活動の大部分はフィールド開発と最適化プランを支援しています。 地球物理学的サービスはデータ ルーム レビュー、デュー デリジェンス分析及び埋蔵量再決定の一環として実施されることも可能です。

貯留層地質、貯留層物理、タンク エンジニアリング、掘削工学との完全な統合により大規模プロジェクトを予算と時間内で納品することを可能にします。 地球物理的サービスについてさらに詳細をご案内しますので当社までご連絡ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。