Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、フルレンジの石油物理サービスを提供します。 弊社が提供する技術サポートは、短期の単一油井評価から、完全に統合された複数油井石油物理調査、データルーム評価、および品質(再)判定まで多様です。

石油物理サービスは顧客にスタンドアロン調査として提供されることもあり、また学際的調査をサポートするように設計された石油物理分析として提供されることもあります。

SGSの石油物理学研究者は頻繁に探査および開発プロジェクトに関与して、深海タービダイト、硬質地層、シェールガス、および破砕炭酸塩および白亜土などの岩石学を含む、地質学的設定に広範囲の経験があります。 どのような状況でも、弊社の専門家は、貯留層モデルを作成して、地表下の状態についてより良く理解可能にして、情報を得た油井配置、埋蔵量見積もり、および生産計画を実施できるようにします。 モデルは、定量的ログ評価、現場測定、地震探鉱調査、および生産履歴に基づきます。

SGSの石油物理サービスは、炭化水素探査を支援し成功させるために、コア統合をともなう定量ログ評価を使用します。 堆積学、岩石相、埋没履歴、続成作用、および鉱物学など、必須の使用可能な地質学的情報をすべてワークフローに統合して、弊社SGSの石油物理学者が可能な最も正確な評価を貴社に提供できます。 弊社の石油物理サービスによる信頼できる貯留層モデリングが必要なときには、弊社が支援できます。

あらゆるプロジェクトで、データベースを設定または見直して、ワイヤライン、マッドログ、LWDログなどの石油物理情報のデータ品質を確認します。 一般に次のトピックに対応します。

  • 定量ログ評価 – 弊社は合計および有効多孔性の概念を使用して、決定論的ログ分析を実行します。 この手法の一部として、弊社は、特に複雑な炭酸塩貯留層に多鉱物確率分析を適用します。 ログ評価結果は、コアデータ、試錐孔画像データおよび生産データと融合されます。

  • 浸透性モデリング – 弊社はさまざまな技術を使用して、作業用浸透性予測モデルを作成します。 コアデータは、地質学的調査から得られ、ワイヤライン評価結果および使用可能な試験情報と組み合わせた岩石相情報と統合されます。

  • 飽和高モデリング – 飽和と高さの関係モデリングは、毛管曲線データに基づきます。または単純にログ結果に基づき、提案されるワークフローの一部となります。 弊社では、通常これを浸透性モデリングとともに提供します。

  • 圧力データ分析 – 弊社は、RFT/MDT/RCI圧力、データ検証済みのDST試験解釈およびすべて地質学的情報を統合して、さらにありうる浸透性範囲を詳細に描写します。

  • 公差分析 –初期石油物理学調査の結果にモンテカルロ公差分析を実施することで、結果を最適化して不確実性を減少させるために集中するべき、石油物理パラメータまたは曲線が判明します。

  • ボアホール画像解釈 – 弊社ではボアホール画像データおよび傾斜計データの処理および解釈を実施し、他の石油物理および地質学的調査の結果と完全に統合します。

  • 石油物理分野の運営サポート – 運営サポートおよびクイックルック評価により、弊社 は顧客を支援します。 弊社は、ワイヤライン契約見積もり用のデータ取得戦略および技術評価のために、技術的アドバイスを提供します。

  • ソフトウェア – 弊社のIP、PowerLog、GeoLogおよびTechlog専門家は、貴社が必要な評価を提供します。

弊社は、他の石油物理および地質学的調査結果と完全に統合して、実施されたすべての調査および使用可能なデータの処理および解釈を実施します。 石油物理的サービスについてさらに詳細をご案内しますので当社までご連絡ください。