Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

貯留層エンジニアリングは、経済的な炭化水素回収を最適化する目的で、石油およびガス貯留層の開発および生産中に発生する排水の側面および問題に、科学的エンジニアリングの原理を適用します。

弊社の貯留層エンジニアは、多様な地質学的設定および排水メカニズムに関する、広範な経験に基づく知識とともに、最先端技術およびソフトウェアを使用して、貴社の資産実用性に関する意思決定を支援します。 さまざまな地球科学的知識、掘削と完成工学および施設工学の間のギャップを埋めるために、貯留層エンジニアリングは、常に弊社が顧客を支援する専門技術主要分野となってきました。

貴社が石油およびガス資産を評価する作業を支援するために、弊社の貯留層エンジニアリングサービスが次の分析などを提供します。

  • 数値貯留層モデリング 
  • 生産予測 
  • 下降曲線分析
  • 坑井試験設計および解釈
  • 開発計画
  • 貯留層液体分析(PVT)
  • ウェル設計最適化
  • 経済モデリング

SGSの貯留層エンジニアは、取得、(再)開発計画または規制当局への報告などのために、貴社が使用できるよう、信頼できる資源および埋蔵量見積もりを作成します。 貯留層エンジニアリングサービスについてさらに詳細をご案内しますので当社までご連絡ください。