Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、非従来型天然ガス資源の試験および分析をサポートする幅広いサービスを提供します。 非従来型天然ガスは、生産するには複雑すぎたり費用がかかりすぎたりすると以前には考えられていた貯留層にトラップされているガスです。これは一般にそこに到達する技術が開発されていなかったり費用がかかりすぎたりしたために、経済的に実用性がなかったためです。

しかしながら、資源の抽出がより困難になり、よりコストがかかるようになる中で、技術が進化したために、非従来型ガスの利用も容易になってきました。 このため、これら資源の抽出は、より収益の上がるオプションになってきています。 生産を検討する各資源は、完全で徹底的な分析および調査が必要です。

SGSの非従来型資源サービス

SGSの非従来型資源サービスでは、貴社の資源および抽出に関係するコストおよび価値に関して、調査、試験、評価および報告を行います。 弊社の包括的なサービスにより、事業で重要な決定を下し、収益の上がる抽出作業を計画および実施し、生産工程を最適化するために必要なすべての情報を得られます。   

弊社は、試験所と現場の両方で天然ガス成分検査を定期的に実行します。 ガス成分の正確な分析は、対象資源の正確な経済性評価に必須です。 同位元素比調査、先進の鉱物学調査、源泉岩石および発生ガスの物理試験などの先進の技術と組み合わせることで、貯留層の連続性、その区画化、移行などの詳細を含む、ガス発生源に関する重要情報が得られます。

SGSの非従来型資源サービスの一部として提供される分析

SGSは、貯留層の飽和レベルを評価する放散等温線調査を実施します。 等温線調査は、貯留層温度に最大10000 psiの精度で実施します。 さらに、弊社は次の作業も実施します。

  • 光学顕微鏡および記載岩石学調査 
  • 貯留層の品質に影響する岩石タイプおよび要因を特性分析し系統的に分類
  • X線回折分析
  • 画像分析 
  • サンプル準備
  • 反射型および透過型光学顕微鏡分析 
  • ブルカーD8高度X線回折装置 
  • TESCAN VEGA走査型電子顕微鏡 
  • CLEMEX光学画像分析システム 
  • QEMSCAN® (4光元素エネルギー分散型X線検出器を備えた、カスタム型ツァイス走査型電子顕微鏡を使用して、定量的鉱物学データを取得する自動システム)
  • 飽和度および浸透性
  • 岩石液体互換性、再獲得したガス浸透性を判断
  • 総有機炭素(TOC)成分
  • SARA 分析
  • ガスクロマトグラフィー(GC)
  • ガスクロマトグラフィー質量分光測定法(GC-MS)
  • ダイヤモンド型分析
  • 蛍光分光分析
  • 総石油炭化水素(TPH)
  • ヘッドスペース分析
  • バイオマーカー
  • 試料の選択および収集

SGSの非従来型資源サービスがいかに御社の資源を評価するために役立つかについて読み進むか今すぐ当社まえお問い合わせください。