Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

シェールガスは「非従来型」の天然ガス源であり、北米に非常に大規模なエネルギー埋蔵量があり、今後数十年には世界中で重要なエネルギー源になることが期待されています。

これを念頭に、SGSのシェールガス鉱物学サービスでは、QEMSCAN、XRD、地球化学、SEMなどの多数の分析技術を提供して、貴社のコアまたは切断試料から詳細な鉱物学および構造データを取得します。 これら技術を組み合わせることで、非常に詳細な鉱物分類を実施できるだけでなく、粘土の種類およびその他の鉱物成分の情報も得られます。また層化の度合いおよび鉱物サイズなどのその他の構造特性の性質も判明します。 このデータから、弊社は詳細な鉱物マップを構築して、これらの特徴を表示し、岩石の定量的特性を提供して、層位学調査の精度を高め、工学技術的性質の示唆を与え、またフレーシングのために最適の層間隔の識別および判断を助けます。

SGSの貯留層品質サービス(ARQS)のガスシェールへの適用

弊社は、QEMSCAN、XRDおよびSEMなどの複数の技術を組み合わせて、何らかの単一技術と比較してより高度な情報を提供します。

これらの技術を組み合わせて、SGSは次の作業を実施できます。

定量的バルク鉱物学データ

  • 微量レベルまでの鉱物成分の定量的分析
  • 重鉱物種の識別および定量化
  • 結晶しにくい粘土鉱物を含むさまざまな粘土鉱物の定量化
  • 結晶砕屑水晶の定量的分析
  • 結晶/非結晶生体水晶の定量的分析
  • ワイヤライン検層反応を検証するための定量的鉱物学データ

テクスチャデータ

  • 粘土の層化および分布を表示するための鉱物マップ
  • 試料内での鉱物分布を表示するための鉱物マップ
  • 複数の試料データセットを直接比較するための鉱物ごとの平均鉱物サイズデータ

岩石学データ

  • クライアント指定パラメータによる定量的岩石特定
  • 一見均一な連続体についても高解像度の地層学分析を行うための岩石特定量の変化分析

粒子濃度データ

  • 実際の試料の鉱物学的計算
  • 粒子濃度は、発見した各岩石タイプについて計算できます
  • ワイヤライン検層を検証できます。

多孔性データの見積り

  • QEMSCAN顕微鏡データの見積もり(一般に5ミクロンまで)
  • 詳細なBSEM画像から得られたメソ空洞から微細空洞データの見積もり

総有機炭素(TOC)など貴社要件に適した地球化学データにより、生産可能地域の特定が可能であり、また無機地球化学データは分光分析ログの検証に役立ちます。

弊社のシェールガス鉱物学サービスが御社のためにいかに役立つかについての詳細について、SGS代理店にご連絡ください