Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

多相フロー測定では、生産中の鉱井で石油、水およびガスの個別の流速を、継続的に測定します。

これらの流速を測定するニーズは近年増加しています。これは業界では、過去に掘削した貯留層の経済的有用性を調査する必要があるためです。

現代では、技術のおかげで精度が向上し、探査段階の古い鉱井で可能であったものより、より信頼性のある結果が得られています。 また新しい油田を評価するときにも役立ち、多相流量計(MPFM)を使用することで、すばやい油井診断が可能で、他の方法よりも1回の油井試験あたりの費用が低コストで、油井の能力を完全に理解できます。

多相流量計

SGSでは、移動ユニットとしてRoxar 2600第三世代MPFMを使用します。これは単純な軽量設計になっており、以前の流量計と比較して80%も軽量です。 革新的なゼクター技術(先進の信号処理、新型現場用電子装置および電極形状)により、正確なフロー特性調査が可能で、圧力、圧力差および温度の統合測定を実施できます。 非放射線バージョンでほとんどの運営状態をカバーできますが、特別な用法および高GVFのためにガンマ線バージョンも活用できます。

弊社に連絡して、SGSのMPFMサービスの詳細をお尋ねください。