Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ワイヤラインは、ケーブルを使用して装置または測定装置をウェルの中に降ろす技術であり、ウェル介入および埋蔵物評価の目的で実施する。

スリックライン運営には、ワックス、スケール、砂および充填堆積物の除去などの維持管理、シールプラグ、ゲージ切断、プラグの設定または除去による流れの遮断および油圧パッカーの設定、ダウンホールログのワイヤライン、回収可能バルブ、およびメモリロギングの展開または除去が関与します。 メモリー生産ログツール(MPLT)およびダウンホールビジョン(ランカメラを使用)。

SGSのスリックラインユニットを使用することで、生産中のウェルに必須の多様なウェル介入サービスおよび測定を実施できます。 SGSスリックラインサービスには、ゾーンへのアクセスを開閉するためのスライディングスリーブの制御およびガスリフトバルブの交換が含まれます。 さらにこれらは、ウェルの深さおよびウェル掘削(ランガンアセンブリを使用)およびダウンホール圧および温度(ランゲージを使用)を測定できます。 弊社のスリックラインユニットは試され試験されており、現在4ユニットがパプアニューギニアおよびオーストラリアに展開されており、さらに5機が建設中です。 詳細については、今すぐ当社にお問い合わせください。