Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは非SGSのウェブサイト、SGSのメールアドレスを装ったメールアドレス、Google Hangoutなどその他のコミュニケーションプラットフォーム上でSGSの名前をかたって偽の求人が行われたことを把握しています。

こうした計画の多くは、偽小切手の使用の他、雇用の提案、SGSとの契約から構成されます。 こうした計画は多くの場合、金融情報だけでなく研修、工具、出張に対する前金の支払いを要求します。 こうした計画でのSGSの名前やロゴの使用は、許可されていない違法行為です。

SGSは、採用手順のあらゆる段階で手数料を請求していません。 支払いや金融情報が要求された場合、警告を出し、適切な措置を取ってもらうよう当局に通報する必要があります。 また、SGSの社内企業セキュリティ部門にもお知らせください。

詐欺計画では、本物に見せかけるために以下のような手法を使用する場合があります。

  • 実際のSGS従業員の名前又はSGS従業員を自称する人物の名前で不正に署名された手紙
  • 会社ロゴや会社名を含む、公式のものに見えるSGSのレターヘッドを含む場合のある書類やウェブサイト
  • 「SGS」や類似した名前の単語、現実又は架空のSGSウェブサイトURLを含む、メール又はウェブサイトアドレスを含む手紙

SGSによって出されたとされる求人の信憑性に関して不安がある場合、その求人のコピーをSGSの企業セキュリティ部門に送信してください。 SGSはその求人が本物かどうか通知し、そうでなかった場合には調査を実施し、必要な措置を取ります。