Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの税関管理システム – 透明性とコミュニケーションを向上し、貨物の通関における遅延を低減し、関税収入の徴収を最大にします。

総合税関管理システムは、輸出入のプロセスを支援し、取引を迅速化して、貿易にかかわる費用を削減するために設計されています。 貿易を管理する法的要件への適合性を向上し、次のような連携を促進します。

  • 税関処理
  • 輸送と提示
  • 分類
  • 電子通信と文書印刷

世界中で85ヵ国を超える国が税関管理システムを導入して、会計上および管理上の責任をより効率的に行えるようにしています。 ただし、自動システムのみでは、手続きの障害、透明性の欠如、通関プロセスの不統一性を解消できる保証がありません。

SGSの専門家は、電子データ交換システムと連携して税関管理システムを導入するために、いくつかの国と協力してきました。 これらのソリューションにより、銀行、省庁、民間部門の海運会社などの当事者が、一体となってお互いに連動し、単一の窓口を使用してメッセージを送受信できるようになるため、その結果、コミュニケーション速度を向上して重複手続きを排除できます。

SGSの税関管理システムによってお客様を支援する方法の詳細については、お問い合わせください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。