Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのスキャナーコンサルティングサービス – スキャナー技術を導入するために必要な市場専門知識、オンサイトの知識と経験。

政府機関にスキャナー技術を導入する際は、正しいソリューションを選択することが不可欠です。 SGSは、プロジェクトの設計、機器および採用への出資から運用チームのトレーニングまで、スキャナー技術の導入に関して大きな経験を持っています。 クライアントの国の貿易パターンと現地の環境の両方に適したもっとも効率的な機器を支援および選択するためにいくつかの政府と協力してきました。

入札の支援

入札の参照条件を作成できるように支援するか、または、オファーを評価するために支援を行います。 SGSの専門家はあらゆるスキャナー製造会社と連携しており、専門知識は非常に有益です。製造会社のオファーを評価し、機器が必要に適していることを確認することによりお客様を支援します。  

第三者試験の証明

向上受け入れ試験(FAT)および現場受け入れ試験(OSAT)は、スキャン装置の導入において極めて重要です。 これらの試験では、必要な場合いつでも、ベンダーによる保証を有効にできることを保証することによってお客様の利益を保護します。 当社は、製造会社の敷地で、また、お客様の所有するスキャナー設置場所でFATおよびOSAT試験に立ち会い、機器が技術解説書、関連規制、および仕様に適合し、必要な性能要件に合致していることを保証します。

監査

スキャンシステムの信頼性、およびマシンメンテナンスの頻度と品質を確保するための幅広い監査を開発してきました。 これには次の監査が含まれます。

  • 業務監査 – 現在のロジスティックのレビュー、文書ワークフローの評価、オペレーターの評価。
  • セキュリティ監査 – 放射線安全、緊急時における対応や知的所有権など現地におけるセキュリティ面。
  • 技術監査 – 機器が技術的に信頼でき、契約の仕様/義務に準拠していることを保証していること。
  • 保守組織監査

監査に加え、下記の領域で補完サービスを提供しています。

  • スキャナー製造会社と連携した、スキャナーの技術的ソリューションの実施
  • 予備部品の供給や管理を含む保守組織のレビュー
  • 新しくより適切で効率的な手順の開発
  • 保守チームのトレーニング(再教育トレーニング、監査中に特定された弱点に関する特定のトレーニング)
  • 保守組織のフォローアップ

スキャナーコンサルティングサービスについての詳細は、こちらをご覧ください。