Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのスキャナートレーニングサービス – 貨物スキャン、手荷物およびパレットのスクリーニング、放射線防護、運転トレーニングなど、さまざまな分野にわたるオペレーターに必要な実践的な経験を提供します。

スキャン技術は、現在、貨物、コンテナー、手荷物、その他の出荷をチェックするために世界的に使用されていますが、スキャナーはオペレーターに見合った効力しか発揮できません。 SGSは、制限時間内で迅速に脅威物質を認識できるようにするためには、画像分析専門家にはさまざまな脅威物質を認識する経験が必要だと考えています。

SGSのさまざまなスキャナートレーニングサービスでは、貨物スキャン、手荷物およびパレットのスクリーニング、放射線防護、運転トレーニングなど、さまざまな分野にわたるオペレーターに必要な実践的な経験を提供します。

トレーニングは、必要性に応じてカスタマイズして、オペレーターの技能レベルに合わせて適応できます。 当社のトレーニングは、オペレーターの技能と能力の向上に重点を置いたものであり、あらゆる製造会社の初期トレーニングを補完します。

貨物スキャナーの画像分析集中トレーニング

不正検出率は、画像分析専門家の能力に依存します。 SGSでは、経験と訓練に変わるものはないことを知っています。そのため、脅威の種類で分類された特定の画像を幅広く分析する機会をオペレーターに与える幅広い集中コースを開発しました。 貨物画像トレーニングには次の内容が含まれています。

  • 画像分析プロセス全体の解釈
  • 脅威の種類で分類された、いくつかの実際の例
  • 画像分析の集中演習
  • SGS認証の評価と提案

手荷物およびパレットのスクリーニングに対する画像分析トレーニング

隠された品や禁止品目に対して、X線スキャナーが手荷物や貨物の検査に世界的に使用されていますが、技能を持つ訓練されたオペレーターなしでは、スキャナーは疑わしい画像を特定できません。 オペレーターは幅広い検出経験が必要です。そのため、トレーニングを開始する前に、その知識と、詳細な分析業務への適合性を判断するためにオペレーターを評価します。 この評価では、特殊な認知能力、色の識別、異常性への注意、視覚的閉合など、多数の分野について検証します。 このトレーニングには次の内容が含まれます。

  • 脅威物資の認識:複雑な画像における疑わしい物体の識別
  • 重ね合わせ物体認識:複数層の画像において他の物体で隠された疑わしい物体の識別

放射線防護

トレーニングでは、X線プロパティ、放射線安全性の基礎、X線スキャナー原理の必要な知識をオペレーターに提供します。

操作トレーニング

操作全体を最適化するための、各従業員の役割を強調したスキャンプロセスのさまざまな段階の説明、各作業とスキャナーの起動と終了方法に関するトレーニングの調整の説明。

脅威認識トレーニング

このトレーニングでは、さまざまな脅威物体とそれらを認識する方法についてオペレーターに説明します。 これらには、爆発物、拳銃、ナイフ、格闘用武器、禁止品などが含まれます。 トレーニングは、オペレーターの必要とされる技能に合わせてカスタマイズされます。 コンピューターベースのトレーニングでは、熟練レベル別に手荷物スクリーニングの実践的な知識を提供します。 

さまざまなスキャナートレーニングサービスによってオペレーターの知識を強化する方法については、SGSにお問い合わせください。