Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

GマークとGCTSを取得して、湾岸諸国への製品輸出の際に湾岸技術規則への適合性を証明頂けます。

湾岸適合性マーク(Gマーク)は、湾岸協力会議(GCC:Gulf Cooperation Council)の固有マーキングです。 このマークは、該当する湾岸技術規則で規定されている要求事項への適合性を示すために製品と包装に貼付されます。

これは2014年1月1日に導入されました。 2016年7月、その要求事項は以下の電気製品の範囲を含むように拡大されました。

  • 家庭用扇風機
  • 冷蔵庫、冷凍庫、類似品目
  • 洗濯機
  • 食品用グラインダー、ミキサー、フルーツジューサー、類似品目
  • トースター
  • 理髪用機器
  • 暖房機
  • 給湯器
  • 電子レンジ
  • その他のオーブン
  • エアコン
  • プラグ、ソケット、類似品目
  • アイロン、類似品目

2017年4月1日、Gマークに相当するQRコードの湾岸適合性追跡記号(GCTS:Gulf Conformity Tracking Symbol)の使用が義務付けられました。 GCTSは、製品に関する詳細な情報を消費者に提供します。 GCTSは、以下のGCC規格組織(GCC-GSO)加盟国に輸出される該当製品に必要です。 アラブ首長国連邦、サウジアラビア、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、イエメン。

オマーンにおけるエアコンのエネルギー効率規則

オマーンで販売されるエアコンには2019年7月25日以降、Gマークプログラムの延長としてエネルギー効率登録(EER:Energy Efficiency Registration)ラベルが貼付されていなければなりません。 2019年5月以降、エアコン製造者は自社製品のエネルギー効率を登録できるようになりました。

SGSがご支援できること

SGSは世界中の適合性評価プログラムの管理において幅広い経験を有する検査、試験検証、認証サービスの世界的リーダーです。 SGSはGSO公認機関として、湾岸技術規則、GマークとGCTS取得のための全体的な要求事項、手続きに関する専門的指導を提供する独自の準備が整っています。 SGSは標準化及び度量衡のオマーン総局(DGSM)の指定機関です。そのため、エアコン向けのEERラベルをオマーンで発行できます。