Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの税関事後調査 – 通関手続き時間を迅速化し、税関収入を増加できるようにするための評価サービス、プロファイリング、および監査計画。

税関事後調査では、商品が既に通関して輸入業者の敷地に到着した後に、税関検査官が輸入申告の正確性を引き続き検証できるようにします。 オンサイトで輸入業者の帳簿、記録、業務システムを検査できます。その結果、より詳細な情報を参照でき、税関評価の質を改善できます。

工業国におけるWTO関税評価に関する協定(ACV)の実施は、税関事後調査によって補完されます。 取引額の多くの要素(ロイヤルティ、援助、関係など)を事後調査中に明らかにできるため、経験から、ACV関連の監査が利益の増加につながることを示しています。

SGSに事後調査処理をアウトソーシングすることにより、対象の選考過程においてリスク管理の専門知識の利点を得ることができます。 輸入業者の記録の監査の優先順位を決めるためのプロファイリングと監査計画を専門に扱っています。 また、SGSへのアウトソーシングにより、税関トレーニングと監査技能の一時的な不足も補えます。   

SGS貿易専門家は、取引におけるロイヤルティとその他の要素の課税ステータスを決定するために必要な高レベルの査定知識を持っています。 このような専門知識を持つことにより、監査の品質と完全性を保証できるようになります。

SGSの貿易専門家は下記の事項を支援します。

  • 事後調査のアウトソーシング(社内レビューチームの設置、査定レビューにおける税関検査官のトレーニングなど、税関管理の要件を満たすために設計されたプログラム)
  • 実施前トレーニング – 公定評価の集中トレーニング、および事後調査システムの実施支援
  • ターゲティング情報 – 入業者の記録の監査の優先順位を決めるためのリスクプロファイリングと監査計画において税関を支援するためにSGSリスク管理データベースを使用できるようにします。

事後調査サービスの詳細、および通関時間と税の徴収を向上する方法については、当社にお問い合わせください。