Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

amfori BSCI行動規範と照らし合わせて、貴社の取引相手の業績における改善を監視いただけます。

共通の行動規範に基づいたamfori BSCIシステムは、以下のような持続可能な取引を自社事業の中心に据えることを各社に可能にする段階的アプローチを提供します。

  • 自社の取引相手との関与及び社会的業績の監視
  • 権限の付与及び支援の獲得

SGSはamforiの監査提携先として、amfori BSCI行動規範の各要求事項と照らし合わせて貴社サプライチェーンの監視を支援できます。 これは持続可能な商慣行を導入及び改善する際の貴社サプライチェーンの進捗状況の効率的な監視を意味します。

amfori BSCIの利点

amfori BSCIに参加することで、加盟者には以下のことが可能になります。

  • 自社サプライチェーンの社会的業績の改善
  • 費用の削減及び効率性の向上
  • 最良の慣行を強調する明確で一貫したアプローチの保持
  • 産業及び市場の各変化に対する自社事業のレジリエンスの改善
  • 貴社の顧客及び利害関係者の期待に対応することによる事業評価の改善

オープンで持続可能な取引のための主要な世界的経済団体のamfori BSCIは、人類の繁栄の拡大、責任ある資源の利用、世界的に開かれた取引推進のために各企業を支援する目的で2003年にamforiによって開発されました。

スキーム構造の評価

amfori BSCI監査は、13の相互接続している業績分野(PA:Performance Area)へと解釈されるamfori BSCI行動規範の各価値観及び各原則と照らし合わせて生産者を評価します。

  • 社会的マネジメントシステム及びカスケード効果
  • 労働者の関与及び保護
  • 結社の自由及び団体交渉の権利
  • 差別の撤廃
  • 公正な報酬
  • 一定水準の労働時間
  • 労働安全衛生(OHS:Occupational health and safety)
  • 児童労働の撤廃
  • 若年労働者の特別保護
  • 不安定な雇用の撤廃
  • 奴隷労働の撤廃
  • 環境の保護
  • 倫理的な企業行動

amfori BSCI監査プロセス

amfori BSCI監査プロセスは、完全監査と追跡監査の組み合わせから構成させることができます。 完全監査は2年ごとに実施され、13の全業績分野を網羅する一方で、追跡監査はその中間に実施され、被監査者の進捗状況に関する新たな証拠が必要な業績分野のみに焦点を合わせています。

各監査の結果は、被監査者によるamfori BSCI行動規範の日常事業と運営に対する統合の程度を反映したAからEの段階で評価されます。

SGSのamfori BSCI監査サービスが選ばれる理由とは。

SGSには本枠組みと照らし合わせた数千の監査実施の経験があり、世界各国の監査の一貫性を保証するための専任チームとスキーム管理者を採用しています。 弊社の審査員の世界的ネットワークは、ほとんどの主要な製造分野で迅速かつ費用対効果の高い対応を可能にします。 また、SGSは大規模プログラムの支援のために専任の重要顧客管理者を提供できます。

SGSが、貴社と貴社の取引相手によるamfori BSCI行動規範の適合性の維持をどのように支援できるかご覧ください。