Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS の製品カーボンフットプリントトレーニング – 国際的なライフサイクルの計算基準を満たします。

製品カーボンフットプリント(PCF)は、製品またはサービスのライフサイクル排出量を計算する手法です。 製品の場合、これには、原料の抽出、加工、製造、流通、使用段階および製品寿命時の処理までの様々なライフサイクル段階の分析が含まれます。 現在、多くの企業は、自社のサプライチェーンを介する炭素排出量のより良い理解を得ること、および、効率の機会を識別するために、この手法を使用しています。

PAS 2050 および WRI/WBCSD GHG プロトコル(製品ライフサイクル会計と報告基準)をはじめとする多くの規格がこの分野では開発されてきました。 さらに、新しい規格 ISO 14067 が、開発されています。 本コースは、以下を理解する代表を提供します。

  • PCF に取り組むためのプロセス
  • PCF 規格(ISO14067、PAS2050、WRI のライフサイクル標準)*
  • 境界の定義
  • PCF の定量化
  • 報告
  • 検証のための準備

    * 注) コースでは、1 つの標準に焦点を当てます

本コースは、PCF を開発し、定量化する方法のための実用的な理解、および、PCF 規格の要求事項の知識を得ることを希望する人に適しています。

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

あなたの地域の公開コース詳細についてのトレーニングスケジュールを確認するか、当社にお問い合わせください。 また、当社は、あなたのニーズに合わせて調整することができる社内トレーニングコースを提供しています。

今すぐ SGS に連絡し、気候変更トレーニング要件を相談してください。