Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのISO 50001 エネルギーマネジメントシステム内部監査員研修を受講すると、ISO 50001 基準の要求事項を理解し、これに照らし合わせて企業のエネルギーマネジメントシステム(EnMS)を内部監査を行えるようになります。

企業のエネルギー効率を高めることは、世界的な温暖化、エネルギー確保、化石燃料の枯渇などの問題解決を図る上で重要です。 さら消費者は環境責任を持ち、エネルギー効率のに向上を目指すことを企業に求めます。 このような期待に応えるため、エネルギー効率の向上と環境管理システムの実施の知識とスキルを持ったスタッフを派遣し、お客様をサポートいたします。

SGSの ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム 内部監査員研修を選ぶ理由

このコースでは、次のことを習得します。

  • EnMSの目的が説明できる
  • リスクの評価と管理に使用される原則、プロセス、技術を説明できる(EMS監査員にとってこれらがいかに重要であるかという説明を含む)
  • ISO 50001 とEnMSに関連した法的枠組みの目的と内容、その相互関係を説明できる
  • ISO 50001の要求事項を解釈することで、ISO 19011に基づいて監査を計画、実施、報告、フォローアップする内部監査員の役割を行う

このコースがあなたにとって重要なのは、以下の場合です。エネルギーマネジメントの原則やコンセプトを理解する経験豊富なマネジメントシステム監査員および/または、ISO 50001に照らし合わせた監査のスキルや知識を模索している専門家である場合。 

ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム 内部監査員研修については、今すぐお問い合わせください。