Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、ISO規格の相互依存性や監査システム間の不要な重複を避ける必要性を認識しています。

このトレーニングは、統合管理システム監査を実施するために知識や技術を代理人に提供することを目標にデザインされています。

このトレーニングは、内部的に監査を行い、統合管理システムに対する組織の要件を継続的に改善するための重要な知識や技術を提供します。

このトレーニングでは、管理システムの統合にリスク管理の観点から取り組み、組織のプロセスや特定・制御・改善する必要のあるリスクソースに対して、できるだけ広い視野を持つことを参加者に促します。 また、マルチスタンダード認証の意義を考慮して、管理システム監査に対する統合されたアプローチの基礎を開発します。

このトレーニングの終了時に、次の作業が可能になります。

  • 品質・環境・健康・安全管理システム統合の原則や仕組みを理解する
  • 企業が統合化されたアプローチを構築する際の、法律や規制の要件の重要性を評価する
  • 管理システムの内部監査を統合化された方法で準備・実施・報告・追跡する
  • 組織の管理システムの開発・改善・統合に貢献する

このインタラクティブトレーニングは、統合管理システムの実現を支援する道具として監査を利用するための実際的なアプローチを提供することを目標にデザインされています。

SGS監査員技術トレーニングがお客様やお客様の組織にどう役立つかを知りたい方は、SGSにお問い合わせください。