Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのジェット燃料規格解釈トレーニングでは、ジェット燃料の基礎知識を習得します。製造ポイントから保管、流通、さらに空港までの輸送システムに至るまで、ジェット燃料の品質管理について学習します。

弊社のトレーニングでは、精製プロセスや灯油との違いなど、ジェット燃料製造の概要について学びます。 受講者が多いこのトレーニングでは、ジェット燃料セクターの基礎知識と概要について学習します。 弊社のトレーニングでは、品質保証/品質管理(QA/QC)についての標準書と現在使用されている規制について習得します。

トレーニングの目的

このコースでは、以下を習得します。

  1. ジェット燃料の製造プロセスの概要
  2. ジェット燃料を安全に取り扱う方法を理解する
  3. ジェット燃料セクターにおける製品品質の重要性を理解する
  4. サプライチェーン全体で品質が確認・モニターされていることを保証するため、ジェット燃料セクターにおけるプロセスの洞察力を育成する
  5. どのように国際基準がサプライチェーンに適用されるかについて概要を把握する
  6. ジェット燃料の品質に対する脅威の重要性について概要を理解する

対象となる受講者:

  • ジェット燃料の保管作業員
  • ジェット燃料のロジスティクスサプライヤ
  • ジェット燃料給油作業員
  • 航空サービスプロバイダー
  • エアライン/軍事ユーザーを代表する団体
  • ジェット燃料を試験する試験所と検査会社
  • 精製所、パイプライン、船舶、海岸水路船/内陸水路船、タンクローリー、鉄道タンク車、貯蔵施設などを設計、建設、操作、検査、またはメンテナンスする人。

SGSのジェット燃料の規格解釈トレーニングを選ぶ理由

トレーニングは、その分野の専門家である弊社のチューターが行い、貴社の事業効率を高めるお手伝いをします。 専門トレーニングのリーディングプロバイダーである当社は、世界で培った経験を活用して、効率的な学習と事業開発をサポートします。

トレーニングの詳細については、今すぐ弊社にお問い合わせください。