Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

FSSC 22000 v4.1/ISO 22000:2018 食品安全マネジメントシステムの審査員/主任審査員研修 – ISO 22000:2018及びFSSC 22000 v4.1に基づいた食品安全マネジメントシステムの第一者、第二者、第三者の各審査の実施方法を学習いただけます。

本コースは、ISO 19011、ISO/TS 22003、ISO/IEC 17021に準拠して適用可能なFSSC 22000と照らし合わせて、食品安全マネジメントシステムの第一者、第二者、第三者の各審査を実施するために必要な知識とスキルを受講者に提供します。

本コース修了後、受講者には次のことが可能になります。

  • 食品マネジメントシステムの目的と業務上のメリット、食品安全マネジメントシステムの各規格、マネジメントシステムの審査と第三者認証の説明
  • 必要に応じてISO 19011、ISO/TS 22003、ISO/EIC 17021に準拠した食品安全マネジメントシステム審査の実施、報告、追跡調査における審査員の役割の説明
  • FSSC監査の文脈におけるFSSC 22000(ISO 22000、ISO/TS 22002-1、ISO/TS 22002-1及び追加的な各要求事項)の各要求事項の解釈
  • 組織による食品安全評価プログラムを通じた効果的なリスク管理方法の判断
  • 組織がどのように法的な各要求事項との適合性を維持し遵守できるかを理解
  • 組織による緊急時の備えと対応手順の妥当性の判断
  • 業務リスク管理、監視、測定の導入方法の理解
  • 食品安全マネジメントパフォーマンスの継続的な改善方法の理解

本コースは、CQI:Chartered Quality InstituteとIRCA:International Register of Certificated Auditorsの認定研修コース 2046-PR 360で、FSSC 22000によって認定されています。

認証

試験と継続的評価の両方に合格した受講者には、CQI/IRCA審査員又は主任審査員としての証明書を求める個人向けの公的研修の要求事項を満たした成績証明書が発行されます。 成績証明書はCQI/IRCAの審査員/主任審査員としての証明のために、コースの最終日から5年間有効です。

継続的評価に合格せず、コースの全期間に参加していた受講者には、参加証明書が発行されます。

受講資格

受講者は本コースの開始前に以下の食品安全マネジメントの各原則と各概念に関する知識を持っていなければなりません。

  • 「Plan-Do-Check-Act(PDCA)」サイクル
  • マネジメントシステムの核となる要素、トップマネジメントの責任、方針、目的、計画、導入、測定、点検、継続的改善の間にある相関性
  • ISO/TS 22002(全てのパート)及びHACCPで指定されている前提条件プログラムを含む、食品安全マネジメントの各原則
  • 人の健康及び食品安全の業績の積極的な改善に関する悪影響を防止又は最小化するための食品安全マネジメントと安全な食品提供の相関性
  • 関連する国内及び地域的な食品安全マネジメントの法令、各要求事項、一般的な例
  • FSSC 22000の各要求事項又は許容できる同等の要求事項、ISO 22000で規定された一般的に使用される食品安全マネジメントの各用語及び定義。 この知識は、CQI/IRCA 22000:2018食品安全マネジメントシステム研修コース又は同等の要求事項を履修することで獲得できます。

SGSが選ばれる理由とは。

専門的研修のリーディングプロバイダーであるSGSは、長年にわたる国際的経験を活用して、効率的な学習と事業開発をサポートします。 SGSのコースは貴社のキャリア形成をサポートする専門家によって提供されます。

SGSのFSSC 22000 v4.1/ISO 22000:2018審査員/主任審査員研修コースの詳細については、弊社までお問い合わせください。