Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのEU 木材規制トレーニングは、企業がヨーロッパ市場に木材を初めて輸出する際、その役割と責任を理解することを目的としています。

EU 木材規制 995/2010 は、業者がヨーロッパ市場に初めて木材や木材製品を輸出する際の責任を定義しています。 規制が施行される2013年3月以前に、業者はは効果的なデューディリジェンスシステムを整備する義務があります。

SGSのEU 木材規制トレーニングを選ぶ理由

このコースを受講した企業代表者は、EU木材規制を理解できるようになります。 コースでは以下の内容に関する規制の条項をカバーします。

  • 業者(ヨーロッパ市場に木材を輸出する企業または個人)
  • デューディリジェンスシステムの要求事項(情報収集、リスク評価実施、リスク軽減のメカニズムを含む)
  • Coc(チェーン・オブ・カストディー)と第三機関による検証スキーム

この1日コースを受講すると、EU木材規制の条項4(業者の義務)、条項6(デューディリジェンス)、役立つその他の条項を理解し、分析できるようになります。

EU木材規制トレーニングついて詳しく知りたい方は、今すぐお問合せください。