Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのヒト用食品に対するFSMA予防管理の開発と導入トレーニング – ヒト用食品に対するFSMA予防管理規則の実践的な導入について理解しましょう。

ヒト用食品に対するFSMA予防管理規則(PC Human Food rule)は、危害分析とリスクに基づく予防管理を含む、食品安全を適所に準備することを食品施設に要求しています。 SGSのコースは、FSMA規則の導入方法について紹介します。

SGSのFSMAの予防管理導入トレーニングを選択する理由

本コースは、危害分析の実施、予防管理の特定および管理、文書化の開発によって、FSMAの要求事項への適合方法を紹介します。 本コースはGMP(下位区分B)、危害分析、予防管理、食品安全計画を含む、ヒト用食品に対する予防管理規則の実践的な導入を網羅しています。 本コースでは、ケーススタディーと実例を使用します。

本コースは、FSMAのヒト用食品規則の実践的な導入に関する手引きを希望する方を対象としています。

受講資格

本コースの受講者は、GMP、HACCP、食品安全システムに関する予備知識を持っていることが推奨されます。

コース詳細

  • 期間: 2.5日間
  • 認定機関: SGS
  • 提供方法: 対面式およびオンライントレーニング

受講者はコースの修了後、SGSの証明書を受け取ります。

一流のコースプロバイダーによる、信頼性の高い食品安全トレーニング

専門的なトレーニングをリードするSGSは、長年にわたるグローバルな経験を有しています。 SGSのコースは貴社のキャリア形成をサポートする専門家によって提供されます。

ヒト用食品に対するFSMA予防管理の開発と導入に関するSGSのトレーニングの詳細については、SGSまでお問い合わせください。