Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

食品設備向けの環境モニタリングプログラム(EMP)トレーニング – EMPプログラムの設計と導入方法を学習し、FSMAの各要求事項に適合してください。

食品製造環境において、回収や感染拡大を引き起こしたことのある食品病原体が、定期的に発見される可能性があります。 これらの病原体は場合によって、定期清掃では移動できない場所にある設備やその他の区域の奥深くに潜んでいます。 FSMAのヒト用食品に対する予防管理規則は、調理済み(Ready To Eat:RTE)食品の製造者にRTEの環境を監視し、汚染のリスクを低減するために、EMPの導入と管理を要求しています。 SGSのコースは、このFSMAの要求事項に適合する方法を紹介します。

学習内容

本コースは問題となる病原体の特定、原因になる原料、最終製品を始めとするEMPの設計および導入を網羅しています。 本コースは、ケーススタディーと実例を使用して、一次感染の発生源が突き止められ、除去されたことを決定するための徹底的な調査の実施方法を紹介します。

本コースの修了で、貴社は試料採取、各区間、データ管理、高度な調査を含むEMPの重要な側面を理解できるようになります。 貴社の組織に合わせた計画を作成できるようになります。

本コースは、EMPを導入する上でFSMAによって要求されたRTE食品の製造者を対象にしています。

受講資格

本コースの受講生には、次のことに関する予備知識を持っていることが推奨されます:

  • 危害分析
  • 予防管理
  • 基本的な微生物学
  • 食品安全マネジメント

コース詳細

  • コース期間: 1日間
  • 提供方法: 対面式およびオンライントレーニング 
  • 認定機関: SGS

受講者は本コースの修了時、SGSの証明書を受け取ります。

大手コースプロバイダーが提供する、信頼性の高い食品安全トレーニング

SGSは専門的トレーニングのリーディングプロバイダーとして、長年にわたる国際経験を有しています。 SGSのコースは貴社のキャリア形成をサポートする専門家によって提供されます。

食品設備向けのEMPトレーニングへの参加をご希望の場合は、SGSまでお問い合わせください。