Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

FSMA食品衛生基準トレーニングによって、FSMA食品衛生と予防管理の各要求事項と食品危害のリスクを最小限に抑える方法を理解しましょう

FSMAのヒト用食品に対する予防管理規則は、食品の製造、加工、包装、取り扱いに関わる個人に対する基本的な要求事項として、食品衛生に関するトレーニングを指定しています。 本コースは、FSMA食品衛生の各要求事項に関する概要コースです。

SGSのFSMA食品衛生基準トレーニングが選ばれる理由。

本コースの支援内容:

  • 生産および製造の従業員に関連した、FSMA食品衛生と予防管理の各要求事項の重要要素に関する概要の把握
  • 食品危害によるリスクを最小限に抑える作業環境の維持に対する各要求事項の理解

大手コースプロバイダーが提供する、信頼性の高いFSMA食品衛生基準トレーニング

SGSは専門的トレーニングのリーダーとして、FSMAのヒト用食品に対する予防管理に関する比類なき専門知識を提供します。

コース詳細:

  • コース期間: 1日間
  • 提供方法: 対面式およびオンライントレーニング 
  • 認定機関: SGS

受講者は本コースの修了時、SGSの証明書を受け取ります。

コースの内容

モジュール1: はじめに

  • ヒト用食品に対する予防管理
  • 危害分析重要管理点(CCP)
  • ヒト用食品に対する予防管理 - 手順
  • 前提条件プログラム(PRP)と最新の適正製造基準(GMP)
  • ヒト用食品システムに対する予防管理の目的

モジュール2: 食品安全危害

  • 食品危害 – 定義
  • 潜在的な食品危害の特定
  • 食品危害のカテゴリー:
    • 生物学的
    • 化学的
    • 物理学的
    • 放射線学的
    • アレルゲン
  • 食品危害の監視

モジュール3: 従業員の健康と衛生

  • 食品を安全に維持するための予防措置
  • 手洗いの手順
  • 適切な従業員の衛生基準

モジュール4: 食品の取り扱いと保管

  • 受入前検査の注意点
  • トラック輸送の目視検査
  • 保管場所への持ち込み
  • 保管に対する指針

モジュール5: 食品加工

  • 食品と原料の加工時における食品安全の管理方法
  • 食品安全に関する5つの原則
  • 清掃設備と装置
  • 殺菌剤とその使用
  • 害虫防除プログラム
  • 装置の保守と校正
  • 危害分析重要管理点

FSMA食品衛生トレーニングの詳細については、SGSまでお問い合わせください。