Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのヒト用食品に対するGMP、HACCP、FSMA予防管理トレーニング - ヒト用食品に対するGMP、HACCP、FSMA予防管理システムを組み合わせた適切な導入方法を学びましょう。

FSMAは、食品産業の重点を交差汚染への対応からその予防に移行させています。 ヒト用食品に対する予防管理の導入は、FSMAの適合性に関する基礎の一つです。 SGSのトレーニングコースは、ヒト用食品に対するGMP、HACCP、FSMA予防管理システムを組み合わせた導入方法を紹介します。 本コースは、HACCPに基づくスキームの要求事項とFSMA予防管理規則の両方に適合する上で貴社組織を支援します。

SGSのヒト用食品に対するGMP、HACCP、FSMA予防管理トレーニングを選択する理由

本コースは、一連のワークショップを使用してHACCPの要求事項、ヒト用食品に対するFSMA予防管理規則、その適切な導入方法を指導します。

受講者にはコースの修了後、次のことが可能になります:

  • 危害の特定と管理
  • 必須管理点(CCP)と予防管理の管理要求事項の確立
  • HACCP/FSMA食品安全計画を組み合わせた業務の作成
  • 貴社の食品安全システムを文書化するための効果的な記録保持手続きの確立

本コースは次のような方を対象としています:

  • 食品安全管理者
  • 導入チーム
  • 内部監査員
  • コンサルタント
  • HACCPに基づく(例:GFSI認定された)スキームの要求事項への適合を希望する方
  • FSMA予防管理規則に適合している統合システムの維持に関心がある方

本コースは次の内容を網羅しています:

  • HACCPの概要と歴史
  • HACCPと予防管理のコンセプト
  • 危害分析に対する予備的手順
  • HACCPとFSMAの共通性
  • 生物学的、化学的、物理的、放射能的、経済的に動機付けされた危害
  • フローダイアグラムの開発
  • HACCP食品安全計画の開発
  • 定量的、定性的な危害分析法
  • GMP(適正製造規範)
  • 予防管理としての重要管理点
  • 予防管理とCCPのモニタリングおよび管理

受講資格

本コースの受講生は食品安全システムに関する知識を持っている必要があります。

コース詳細

  • 期間: 2.5日間
  • 認定機関: SGS
  • 提供方法: 対面式およびオンライントレーニング

受講者は修了後、SGSの証明書を受け取れます。

一流のコースプロバイダーによる、信頼性の高い食品安全トレーニング

専門的なトレーニングをリードするSGSは、長年にわたるグローバルな経験を有しています。 SGSのコースはキャリア形成をサポートする専門家によって提供されます。

GMP、HACCP、FSMAの予防管理の導入に関するSGSのトレーニングの詳細については、SGSまでお問い合わせください。