Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの自動車機能安全トレーニングコース – モジュールK4、機能安全管理(FSM)システムのコンセプトとデザイン

モジュールK3の応用であるこのコースではシステム開発、技術安全コンセプト、システムデザインを中心に取り扱います。 このほか、OEMとサプライヤの間のインターフェース定義に関する問題についても取り扱います。 図例を使った演習を通じて、受講者は関連する相互作用について知識と理解を深めることができます。

内容:

  • OEMとサプライヤ、さらにサプライヤ同士のインターフェース定義
  • システムと配置されたサブシステムに関する、技術的安全要件の定義
  • ハードウェア/ソフトウェアのインターフェース仕様など、モジュールK3から派生した例を使用した、技術的安全コンセプトの具体化
  • 要求される統合試験及び、製造承認までのプロセス全体のステップ

大手プロバイダーが提供する、信頼性の高い機能安全トレーニング

当社のコースは、機能安全の専門家であり、経験豊富なトレーナーが行います。 インタラクティブで実践的なアプローチに基づく学習方法で、知識やスキルを伸ばすことができます。

自動車機能安全トレーニング(モジュールK4)についての詳細は、今すぐ当社までご連絡ください。