Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのIATF 16949:2016内部監査員移行コース - ISO/TS 16949要求事項の変更内容に関する理解とIATF 16949:2016への移行支援。

International Automotive Task Force(IATF)は、ISO/TS 16949:2009に代わる規格として、IATF 16949:2016を発行しました。これは自動車産業の製造、サービス、アクセサリー部品に関係した組織に対する品質マネジメントシステムの概要を規定する新たな国際規格です。その結果としてISO/TS 16949:2009認証は、2018年9月14日以降に無効になります。SGSのコースは、新しいIATF 16949:2016自動車品質マネジメントシステムの理解とISO/TS 16949:2009からのスムーズな移行をご支援します。

SGSのIATF 16949:2016内部監査員移行コースが選ばれる理由

本コースにより、以下が期待できます。

  • ISO/TS 16949からIATF 16949:2016への要求事項の変更内容に関して理解する。
  • IATF 16949:2016の導入をご支援する。
  • IATFの変更内容に対応するために、内部および第二者監査者の要求事項に適合する。

自動車産業トレーニングをリードする研修機関からIATFの知識を入手できます。

SGSはプロフェッショナルトレーニングをリードする研修機関として、貴社にIATF 16949:2016の要求事項に関する知識をご提供します。本コースは、IATF 16949:2016をサポートするいくつかのトレーニングサービスと同時にアレンジされます。コースは、IATF7.2.3項に適合している講師によって提供されます。

対象受講者

本コースは自動車部門の品質システムに関する実際的な知識を持った方を対象にしています。本コースでは、IATF 16949:2016に対する組織の品質マネジメントシステムの開発、導入、監査、管理に関係するあらゆる方に役立つ情報をご提供します。

コース受講者はトレーニングの完了のために、コースに100%出席して試験に合格する必要があります。

本コースに含まれるトピック:

  • IATF 16949:2016の解釈および認識
  • 内部監査員の力量を証明するための証拠を提供する(7.2.3)
  • 第二者監査者の力量を証明するための証拠を提供する(7.2.4)
  • サプライヤーの品質マネジメント管理に対するプロセスを理解する(8.4.2.3)
  • 変更内容の導入に関するガイダンスを提供する

コース詳細:

  • コース期間:1日間
  • トレーニングのオプション:公開講座もしくは講師派遣型研修
  • 認定機関:SGS

GSのIATF 16949:2016内部監査員移行コースにご関心がありましたら、お気軽にお問い合わせください。