Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのオートメーション、ソフトウェア、半導体産業の機能安全トレーニング - モジュールA2、リスク分析からコンセプトデザインまで

セーフティエンジニアリングを取り入れたデザインは、製品のコンセプト作成段階で設定されます。 このモジュールは、リスク決定(SIL=安全度水準の決定)とこのプロセスで生じるシステム要件の特定を行う方を対象としています。

内容:

  • 実践的な手順によるリスク分析の解説(略図を使った演習など)
  • リスク低減対策としてのSIL要件の割り当て
  • システム安全要件からの逸脱と実例におけるプレゼンテーション
  • 実施例の要件を考慮したシステムコンセプトの具体化

大手プロバイダーが提供する、信頼性の高い機能安全トレーニング

当社のコースは、機能安全の専門家であり、経験豊富なトレーナーが行います。 インタラクティブで実践的なアプローチに基づく学習方法で、知識やスキルを伸ばすことができます。

オートメーション、ソフトウェア、半導体産業の機能安全トレーニングについての詳細は、今すぐ当社までお問い合わせください。