Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSと共にエネルギー部門のサイバーセキュリティの分析、プロセス、導入について学習してください。

サイバーセキュリティリスクから生じる脅威を分析することで貴社の投資を保護し、サイバー攻撃から貴社の顧客を保護することで、競争的優位を確保してください。 本セミナーはエネルギー部門に対して割り当てられている関連アプリケーションのさまざまな通信プロトコルを保護するために、適切な対策を明確化することに貢献します。

本トレーニングは貴社にIEC 62351で対応するセキュリティリスクと対策に関する概要と将来の課題に対する準備を提供します。

コースの内容

本トレーニングコースは、次の内容をカバーしています:

  • エネルギー部門向けのIEC 62351に準拠したサイバーセキュリティの導入
  • セキュリティリスクの分析
  • セキュリティ要求事項とその導入
  • 5段階のセキュリティプロセス
  • IEC 62351に関する概要とその他の規格に対する参照

対象グループ

エネルギー部門の管理者。

大手プロバイダーが提供する、信頼性の高い機能安全トレーニング

当社のコースは、機能安全の専門家であり、経験豊富なトレーナーが行います。 インタラクティブで実践的なアプローチに基づく学習方法で、知識やスキルを伸ばすことができます。

サイバーセキュリティトレーニングの詳細については、今すぐSGSまでお問い合わせください。