Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ハイチ向け輸出品に対し、関連する製品基準への準拠を実証します。

ハイチの適合性の製品検証(PVoC)の下で、経済財政省は、輸入製品が国の技術的な規制や基準、または承認された同等の基準に適合していることを検査することを要求します。その目的は、公衆衛生、安全、環境を危険にさらす可能性のある標準以下の製品から国民を保護するための輸入品の品質検査体制を確立することです。

私たちは、輸出業者と協力し、コンプライアンスを実証した上で適合証明書(CoC)を発行することによってハイチの市場へのアクセスを提供し、税関の遅延を回避し、非準拠製品の輸入による潜在的な損失を減らします。対象商品の認証は出荷前にSGSによって原産地で確認されます。

認証ルートに応じて、次の認証活動の 1 つまたは組み合わせを提供します。: 

  • 出荷前のデジタル検査
  • 認定ラボでのサンプリング、試験、分析
  • 製品製造プロセスの監査
  • 適用される技術規則および標準の要件に適合するドキュメンタリーチェックと評価

輸出業者は、関連する地域または国際規格への準拠を確認するために、次の書類を提出する必要があります。:

  • 証明書の申請 
  • プロフォーマインボイス、ファイナルインボイス
  • 認定 ISO/IEC 17025 のラボ発行のテストレポート
  • 製品マーキング/ラベルテンプレート

CoC は、出荷のコンプライアンスを証明するために発行されます。不適合レポート (NCR) は、検査や検査などの検証アクティビティで検証基準に対する不一致が示された場合に発行されます。輸出業者にその旨は通知され、必要な修正を行うのに十分な時間が与えられます。

SGSからのCoCなしで国に到着する規制品は、税関長の承認を受け、手数料とペナルティの支払いが行われ、体系的な現地検査、サンプリング、テストの対象となります。満足のいく試験結果が得られるまで、クリアランスは認められません。

世界中の適合性評価プログラムを管理してきた数十年の経験を持つ私たちは、輸出業者に効率的で包括的なソリューションを提供し、出荷がハイチの要件に準拠していることを保証します。

詳細については、お客様の地域のSGSオフィスにお問い合わせください。