Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、国際的なELV指令に対するコンプライアンスを保証するため、車両全体や部品をテストします。 このような指令としては、欧州連合の2000/53/ECや、中国・日本・韓国のものがあります。

このような指令は、自動車メーカーや部品メーカーが、再利用やリサイクルを前提とした製品の設計を奨励しています。 またこのような法律では、鉛・水銀・カドミウム・クロミウム(VI)を含む特定の物質の利用を制限しており、場合によっては、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)やポリ臭化ビフェニル(PBB)のような臭素系難燃剤の利用も制限しています。

SGSでは、最新の技術を使って、極微量の物質さえ検出できる感度の高い廃車試験を実施しています。 世界規模のネットワークや標準化された試験手順のおかげで、SGSは、任意の場所や生産中の各段階でこのサービスを実施することができます。

またSGSでは、化学分析やコンプライアンスコンサルティングも提供しています。 例えば、SGSは世界自動車申告物質リスト(GADSL)に含まれる物質の試験を実施して、工程の安全性をさらに高めることができます。 SGSはさらに、欧州連合の「化学物質の登録、評価、認可、制限(REACH)」規制に準拠した、高懸念物質(SVHC)の管理を支援することができます。

またSGSの専門家は、国際材料データベースシステム(IMDS)や中国自動車材料データベースシステム(CAMDS)、その他の報告フォーマットに関するデータ管理ソリューションやコンサルティングを提供することができます。 SGSには、お客様に代わってデータベース登録を行い、規制の変更に対応するための設備があります。 これは、お客様の時間の節約や、コンプライアンスの保証に役立ちます。

SGSのELVサービスが、どのようにしてお客様の事業や製品の認可を支援し、環境への影響を低下させるかを知りたい方は、今すぐSGSにお問い合わせください。