Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

VDA 6.3プロセス監査 – 貴社の組織とサプライチェーンの各プロセスを最適化し、プロセスのリスクを管理してください。

VDA 6.3は、自動車製品やサービスを提供する組織向けにVDA-QMCとドイツ自動車産業によって開発された詳細なプロセスベースの監査ツールです 2016年の第3版は、プロセス監査ツールをより実践的、厳密にIATF 16949:2016の要求事項を反映するように更新しています。

VDA 6.3規格は事業規模に関係なく、プロセス監査ツールとして自動車産業のあらゆる組織に適用可能です。 その範囲には次のような事業に関連した会社が含まれます:

  • 機能的システムと製品に関する研究開発
  • さまざまなプロセス技術、製造タイプ、およびサービスにおける製品の組立

当規格は広く利用されており、また同様の規格が他の各産業でも存在しています。

SGSのVDA 6.3プロセス監査を選ぶ理由。

プロセス監査ツールは極めて重大な問題、逸脱、その原因を検出します。それにより特定のタイミングと責任によって、それらを解決するための行動計画を立案できます。 VDA6.3は、貴社の組織のさらなる卓越性へとつながるプロセスの改善と最適化を可能にします。

このツールはサプライチェーン内の位置に関係なく、製品のライフサイクル全体にわたってアレンジできます。 目標とする質疑が各プロセスにおける主要な要素を把握する一方で、定量的評価システムと方法論はプロセスの要素に関する測定可能な結果を提供します。

世界をリードする審査サービスのプロバイダー

SGSは、貴社の内部プロセスをサポートしサプライチェーン内のコンプライアンスを保証するために、世界各国でVDA 6.3監査を提供しています。 また、SGSはVDA6.3に関連する監査を提供しています:

  • 階層別プロセス監査
  • サプライヤ潜在性チェック監査
  • 事前準備状況確認監査

SGSは貴社のご希望の要求に合わせて各監査プログラムをカスタマイズします。

SGSの経験豊富な監査員は、リスク管理の観点からアプローチをすることで貴社の行動計画に関する妥当性のチェック、導入のフォローアップを展開、そして失敗が繰り返される事を防ぎます。

SGSの監査は中立的なため、利害衝突を引き起こす事はなく、また社内やサプライヤーの技術の流出に関するリスクは生じません。

SGSは改善業務によってフォローされる継続的な定期監査のシステム化されたプロセスの構築を支援することで、貴社の組織とサプライチェーンの持続性と競争力の維持を保証します。

詳細については、SGSにお問い合わせください。