Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングでは、ベストプラクティスの企業責任ツールおよび基準における知識とスキルを提供することを目的としています。 現在の経済界では、利害関係者の期待、持続性報告書、保証プロセス、および原則および報告書ガイドラインを適用する能力を管理し、それらに対応することがますます重要になっています。 5日間のこのトレーニングの目的は、これらの分野全てに対する確固とした理解を得て、企業責任報告書の担当者、および関連するコンサルタントサービスを提供する担当者を対象としています。

4つのモジュールがあり、個別でも複数でも受講可能です。 4つのモジュールすべてを終了すると、次の内容を身につけることができます。

  • 企業責任、持続性、報告書、保証ツール、および主要な商習慣の基準とリンクにおけるプロセスを理解する。
  • 以下の原則および基準の適用を実証する。 AA1000保証基準(AA1000AS)、ステークホルダーとの関わりを保証する基準(AA1000SES)、およびその他の該当する基準および報告書ガイドライン(例:GRI G3、ISAE3000、ISO 26000)
  • 保証の実施者として活動することにより、代表者は、持続性報告書の評価に対して包括性、具体性、および反応性の原則を適用します。

このトレーニングに合格すると、Associate Level of Certified Sustainability Assurance Practitioner(持続可能性アソシエイツ保証人(CSAP))の要件に適合します。

SGS企業責任トレーニングの利点の詳細については、SGSエキスパートにお問い合わせください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。