Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのISO 26000 導入トレーニングは、社会的責任システムの開発に役立つ枠組みを提供いたします。

ISO 26000規格は、組織全体に社会的に責任のある行動を導入・統合し、持続可能な事業展開を推進することを目的とします。

トレーニングでは、以下を習得します。

  • ISO 26000を採用する利点の認識と説明
  • 社会的責任のコアとなる課題の特定と優先順位の決定
  • ステークホルダーを特定し、共に取り組む
  • 既存のシステムを活用して、コアとなる課題と原則に確実に対応する
  • 専門知識と社内トレーニング要件のギャップの特定
  • 適切な改善ターゲットの設定

このトレーニングは、ケーススタディとなる資料や実践演習に基づいて行われます。

このトレーニングの延長として、ISO 26000に関連した組織パフォーマンスの評価と審査の基礎トレーニング(1日コース)を組み合わせることもできます。 または参加者はこのトレーニングに、1日コースのISO 26000意識向上トレーニング、2日コースの監査者トレーニングを組み合わせ、合計5日コースのモジュラー式トレーニングを受講することもできます。

次の事項に注意してください。 このトレーニングの参加者は、SGS ISO 26000意識向上トレーニングの参加者と同じレベルのISO 26000の基本知識を持っていることが条件となります。

ISO 26000 導入トレーニングの詳細は、今すぐSGSまでお問い合わせください。