Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのISO 26000意識向上トレーニングは、ISO 26000原則を理解し、社会的に責任のあるシステムを組織に導入する方法を理解することを目的として開発されました。

ISO 26000規格は、社会的に責任のある行動を推進するために企業が遵守するべき手引を提供し、持続可能な事業展開を図るためのものです。 国際的な企業は、 ISO 26000に関するそれぞれの社会的責任戦略を構築するよう求められています。

トレーニングによって参加者は、ISO 26000の基本的な目的を理解します。さらに手引、現地の業界規格、関連する法的枠組みの各内容とそれらの相互関係について説明できるようになります。 またトレーニングは、社会的責任における組織行動の結果と改善の重要性も強調します。

このトレーニングは、ISO 26000に基づく社会的責任システムの開発、実施、管理に携わる人に基礎知識を提供します。 社内監査および主任監査者トレーニングなど、その他の社会システムトレーニングを完了したい場合、このコースを通じてお役様は、監査スキル構築の基礎となる、ISO 26000に対する知識と理解を深めることができます。

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

参加者は社会的責任システムまたはISO 26000に関する知識を持っていなくても、このトレーニングに参加することができます。

SGS ISO 26000に関する意識向上トレーニングの詳細は、SGSまでお問い合わせください。