Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

企業責任報告書の増加により、報告書の内容に関する独立した検証を求める投資家、政府、非政府組織からの圧力が高まっています。

GRI(Global Reporting Initiative)やAA 1000 Accountability Principles(2018)などの国際規格と照らし合わせた報告の独立した保証は、顧客及びステークホルダーに対する組織の取り組みを証明します。 また、公開された社会・環境の情報が正確であることも保証します。

サステナビリティ報告書保証に対するSGSのアプローチは、柔軟なモデルです。 その中核には、貴社固有の要求事項に対応するための幅広い任意のモジュールを含む、企業サステナビリティ報告(CSR)と非財務データの保証向けの国際的に認められた指針に基づいたSGS手順があります。

基本的保証サービス

本サービスは、報告の原則ではなく選択された資料データの外部保証を求める組織を対象としています。 基本的保証は、ISAE3000の要求事項に準拠した限定されたレベルの保証と同等の適度なレベルの保証を提供します。

GRI保証サービス

本サービスは、報告を指導するために各GRI規格を使用している組織に最適です。 データ保証は、ISAE 3000規格の各要求事項に準じて実施されます。 SGSは、GRIの組織的ステークホルダーです。

AA1000オプション

本オプションは、既に社会及び環境報告書を発行されている組織に最適です。 貴社は集約された手順の保証に加え、報告書の範囲の完全性に関する追加的な保証を提供できます。 SGSは、AA1000の認定された保証プロバイダーです。

保証時期のオプション

  • 事前保証 – 将来的に保証を受けるデータを含めるうえで必要な改善が明確になります。 事前保証は任意の時点で実施できます。事前保証はデータ収集、検証、報告に関連したシステムの理解、分析、試験のための調査に焦点を合わせています
  • ギャップ分析のみ – GRI及びAA1000オプションは、任意の時点で独立したギャップ分析として実施できます。このオプションの結果は、保証明細書ではなく内部的なマネジメント報告書になります
  • 報告サイクルの最後 – ほとんどの保証は、報告書が下書きの形式で記載された後、発行前に実施されます
  • 報告サイクル全体 – 保証手順は、適切に組み込まれたシステムを持つ組織に対して固有の報告イベントの評価を可能にするために報告サイクル全体にわたるさまざまな段階で実施されます。

ステークホルダーに対する信頼を向上させ、市場に企業責任への貴社の組織的な取り組みに関する強力なメッセージを送ることができます。 SRAサービスは、貴社が公開する情報の透明性と有効性を確保し、内部報告手順及び手続きの強化を可能にします。

SGSには、大規模で複雑な国際的プロジェクトを担い、成功させた実績があります。 SGSは、世界中のあらゆる地域で現地の言語を使用し、現地の文化を理解し、一貫した信頼できる効果的な手法で世界的に業務を進めます。