Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSでは、国際的な規制に対するコンプライアンスを支援し、製品および人体の安全を実現するために、ABS ブレーキ試験を実施しています。 この試験により、ノンコンプライアンスや賠償請求のリスク(予想コスト)が低下します。

SGSは、アンチロックブレーキングシステム(ABS)や電子安定化プログラム(ESP)のような自動車安全装置を含む、車両の試験や認証に関する専門知識で知られています。 SGSは、ABSブレーキシステムが国際規格に準拠していることを保証するために、欧州経済共同体(EEC)の71/320/EECや欧州経済委員会(ECE)のECE R13に対する試験を実施しています。
GSのABS ESP試験・認証サービスには、以下が含まれています。

  • 製品のベンチマーク試験
  • 試験手順や検査基準の設計
  • 故障解析
  • プロジェクトコオーディネーション
  • 品質保証試験
  • 連続的検査
  • 試験管理・分析

SGSは、このようなさまざまなサービスを通して、事故の件数を減らすだけでなく、故障しがちなシステムの開発に費やす時間やお金を最小化するのをお手伝いします。 このサービスは、保証期間中の返品の数やそれに伴うコストを低下させ、お客様の責任ある質の高い製造業者や供給業者としてのブランドイメージの確立に貢献します。

SGSに今すぐ連絡して、弊社のABS ESP試験サービスにより、国際的な規制要件のコンプライアンスをお手伝いできる方法をご覧ください。