Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

頭字語CIVIOで知られるフランス語の輸入中古車識別管理コンセプトは、アイボリーコーストで同国の輸入中古車自由化のため同国政府の要請に応じてSGSの現地法人SICTAにより1996年に開発されました。 このサービスの最も定評の高い用途は他国に輸入されるセカンドハンド(中古)車の検査です。

2005年6月以来、識別に加えて、アイボリーコーストの税関は中古車査定をCIVIOに一括委託し現在に及んでいます、 「輸入中古車識別と認可管理」、輸入中古車の査定を一任されています。

CIVIOの機能は:

  • 輸入中古車の正確な型式、機種、仕様を識別し、輸入国の車両登録書類を作成します。これには識別された全ての車両の写真を含みます。
  • 車両の分類と価値を国により課される租税公課計算のために決定する。

目的は収益の正しい回収を確実にし、国内交通で使用できることと排出量制御基準に対する技術的コンプライアンスを確立するための輸入車両の識別管理。 SGSが行う識別と技術管理ともに、輸入者が支払う関税額査定のため、車両登録申請のために必要です。

この車両検査サービスはSGS自動車サービスにより世界中のクライアント向けに提供されています。