Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

機械的安全性検査プログラムの完全に独立したプロバイダーとしてSGSはフリートオーナーに車両排出量検査等の車両排出量制御におけるソリューションを提供します。

この目的は以下の項目の削減です:

  • 車両排気ガスの排出:適格に調整されたエンジンにおいて燃焼が改善し、大気中への有害残留物の排出量が削減され、これがさらによい燃費とエンジン磨耗の減少という追加的利点を得ることができます。
  • ノイズ:穴の開いたエグゾーストパイプや禁止されているクラクション等がノイズの主な原因です。
  • 悪臭:石油系またはディーゼルオイルの悪臭は通常穴の開いたタンクやパイプが原因です。
  • 美観の損傷:これは普通老朽化または調整が不正なエンジンにより発生する過剰な煙が原因です。

大気汚染と環境破壊への主要原因である自動車排出物の識別は管轄当局に自動車フリートの性能を管理し維持するためのソリューションを求める必要性を発生させました。 排気ガス規格、クリーンエア指令、車両保有者数の確実な増大に対応すべき世界的なプレッシャーは、廃棄物制御プログラムというかたちをとって規制当局への対応を必要としました。

SGS Automotive Servicesには、さまざまな高度な車両、大型から小型の車両までの検査計画と関連サービスを計画して運営する幅広い経験があります。 広範な施設と専門領域の幅の広さにより、SGSと提携していただければ世界的に優秀な実務と最新技術進歩の結合による利点を得ることができます。 各プログラムは、SGSの国際的な専門知識と、地域市場の現状や各市場の特性・需要・要件に関する豊富な知識の結びつきによる、オーダーメイドの産物です。

SGSの車両点検ネットワーク管理の業績は幅広く認知されており、その中には、従来公的機関によって運営されてきた点検プログラムや関連活動の完全な近代化(設備・装備・職員)や民営化が含まれています。 広範な施設と専門領域の幅の広さにより、SGSと提携していただければ世界的に優秀な実務と最新技術進歩の結合による利点を得ることができます。