Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供する乾草と飼料の試料採取および試験は、貴社の乾草の品質を保証します。

飼料試験は配給量計算の基礎となるため、試験結果は正確でなければなりません。 乾草は成長期や収穫期間中の野外状態により影響を受ける、変動性が高い植物原料です。 葉茎比にばらつきがあるほか、同一ロット内の混播牧草量にもばらつきがあります。 SGSは乾草と飼料に関する貴社のあらゆるニーズに対応する試料採取および試験を提供します。

試料採取を適切かつ個別に実施することは、正確な飼料分析を実現する最も重要な要素です。 試料採取を適切かつ個別に実施することは、正確な飼料分析を実現する最も重要な要素です。

通常、飼料分析では粗タンパク質(CP)、酸性デタージェント繊維(ADF)、中世デタージェント繊維(NDF)、カルシウム(Ca)、リン(P)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)について試験します。 鉄(Fe)、マンガン(Mn)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)などの他の要素も、最終配給量を決定するうえで重要になります。 

弊社の乾草と飼料の試料採取と試験が、どのように貴社の乾草と飼料の品質を保証し、採餌効率を改善できるかについては、今すぐSGSの事務所までお問い合わせください。