Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの近似分析サービスを使用すると、適切な健康と安全規制を満たしながら、御社の動物飼料の栄養価を評価することができます。

世界中で家畜だけでなく、評判を保護するためには近似分析は非常に重要です。

当社の近似分析のテストは湿式化学法や近赤外分光分析(NIR)技術を組み合わせています。 これは、混合物中に存在する化合物のカテゴリをまず分離し次に識別することを可能にしています。 どの方法によっても当社の技術者は栄養価評価を支援するため、動物飼料中のタンパク質、脂肪、水分、灰分及び繊維を追跡して分析します。

認可された認定ラボ

独立性、完全性および革新性への当社の定評を維持するため、当社の近似分析ラボは厳格なガイドラインに基づいて運営され、ISO 17025とISO 9001:2008の認定ラボです。 長年のラボ経験を持つ- 化学、微生物学と農学の学位取得者でもある -科学者と技術者から構成されるスタッフを持つ当社のラボは複数の飼料協会の承認を得ています。

業界とグローバルガバナンスの最高基準を遵守することによって、当社の近似分析サービスは、動物の飼料が信用を獲得し飼料の配給が生産者ニーズを満たすことを確実にします。 当社がいかにお役に立つかについて詳細をSGSにお問い合わせください。