Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

食品と飼料の消費を確実にするためには、価値連鎖全体で特定汚染物質を検査する必要があります。

たとえば、メラミン、抗生剤、ホルモンは、濃度が高くなると人間や動物に害を及ぼす危険性があります。 汚染物質検査をすること以外には、これらの高濃度の物質およびその他特定汚染物質が含まれているかは確認することができません。 これらの不純物が発見された場合、関連商品のみを生産および流通網から除くことができます。

SGSの汚染物質監視サービスは、液体クロマトグラフィーとタンデム質量分光分析(LC MSMS)やガスクロマトグラフィー質量分光分析(GCMS)およびポリメラーゼ連鎖反応(PCR)などの最新検査方法を採用しています。

認可された認定ラボ

SGSの汚染物質検査研究所は、厳格な指針の下に運営されており、ISO 17025およびISO 9001:2008の認定を受けています。 化学・微生物学・農学などの学位を取得した豊富な経験を持つ科学者や技術者で構成され、SGS研究所は複数の飼料協会から認定を受けています。 これはSGSの汚染物質検査や汚染物質モニタリングサービスが高い業界水準を遵守しているということです。

SGSの汚染物質検査サービスが、どのように食品および飼料商品の安全性を高め健康リスクを最小限におさえることができるか、また起こりえる訴訟からどのように保護することができるか、今すぐSGSにお問い合わせください。