Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

グルテンフリー認証プログラム(GFCP)は、グルテンフリー食品の安全な製造管理をするための、予防的且つ科学的なアプローチを利用する、任意のマネジメントシステム認証プログラムです。これは食品業界の専門家、消費者団体、政府の利害関係者と協議を重ねて開発されたプログラムです。HACCPに基づいた規格のGFCPは、製造者のグルテンフリー自己宣言と食品安全マネジメントシステムの一環として、申告されていないグルテンを含めた、持ち込まれる危険性とプロセスの危険性に対処することを目的にしています。

認証の要求事項

  • 施設は、審査可能なGMP/HACCPに基づいた食品安全システムまたは同等なシステムを備えていなければなりません。
  • 施設は、GFCPのライセンスを受けた認証審査機関によって提供される年次審査を受けなければなりません。GFCP審査は、単独またはGFSI承認規格などの食品安全審査と組み合わせて実施できます。
  • 全てのGFCP認証済み製造施設は、GFCPロゴの表示に関係なく、そのマネジメントシステム内で、全ての最終製品が最終的な販売予定国の規制に基づいたグルテン許容量に対する要求事項に適合していることを検証しなければなりません。
  • GFCO認証製品で使用される原料のグルテン含有量は、20 ppm以下でなければなりません。

GFCP規格、ポリシー、GFCPマニュアル

認証手順

  1. GFCPプログラムに申請し、GFCP規格、ポリシー、GFCPマニュアル、その他の公式GFCP基準材料のコピーを取得します。一回限りの申請費用がかかります。
  2. GFCPプログラムライセンス契約(PLA)と詳細なGFCPスケジュール「A」に記入し、それを直接アレルゲン管理団体(ACG)に提出します。
  3. 自己評価またはギャップ審査を実施して、貴社の施設の現場審査に対する準備が整っていることを確認します。
  4. GFCP ISO 17021-1認定認証機関であるSGSに審査を申請します。 
  5. 審査にパスし、認定証明書(COR)を取得します。
  6. 審査の完了と毎年のスケジュール「A」を更新することで、GFCPの要求事項に常に適合することで貴社の認定状態を維持します。

GFCPプログラムの詳細をご覧ください。

SGSができること

SGSは世界最大級の検査、審査、認証、試験、検証機関として、貴社の食品安全のニーズに合わせた次のような幅広いソリューションを提供しています。

  • ギャップ分析と事前評価: 貴社の既存のアレルゲン/グルテンマネジメントシステムに関する詳細な調査とGFCPに照らし合わせたベンチマークテスト。
  • 認証: GFCPと照らし合わせて実施。GFCP審査は統合(例:GFSI審査と同時に)または単独で実施できます。
  • カスタマイズオーディット: 貴社独自のカスタマイズされたグルテンフリースキーム
  • 試験: グルテンの含有を低レベルで検出するために、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)または酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)試験法のいずれかを使用した食品中のグルテン検出に適した包括的な試験の提供。
  • トレーニング: 貴社独自のニーズ、アレルゲン/グルテンリスクマネジメントの全側面、効果的な導入を網羅するように設計されカスタマイズされたトレーニングプログラム。

食品安全の専門家と貴社の要求事項については、SGSまでお問い合わせください。